会社に「就職」してはいけない理由とは?今週の記事14選

仕事をやる上で非常に参考になる記事を厳選して毎週まとめています。

・働き方に関するキーワードやサイトをRSSリーダー「Inoreader」に登録
1週間で1000件以上配信される記事の中から参考になったものだけを厳選
・最新の働き方や今の世代の考え方など「働く」に関する情報を取得
※対象期間:2019年4月22日(月)〜4月28日(日)
※画像をクリックすると新しいタブで記事が開きます

記事一覧

副業が増えればますます儲かる、クラウドワークスの成長が加速しているワケ=シバタナオキ

1カ月で30万円稼ぐ主婦も!?外国人旅行者に日本食を教える
「airKitchen」が主婦の副業として話題に!

人事が面接で見ている就活生の態度3位「目を見て話すかどうか」
視線を合わせられる人は「選考にプラスの影響」8割

入社してすぐ辞めた新入社員たちの、言い分と「その後」

『転職の思考法』著者が教える、絶対に入ってはいけない“死んだ会社”の見極め方

「天才」と「努力家」、この対立から抜け出す、努力の方程式【北野唯我】

転職後の仕事に満足している人と不満な人、入社理由に違いはある?

仕事の生産性にまで影響する「幸福」の正体
幸せな社員が増えるほど会社が伸びる理由

話し合って決めるチームがほぼ失敗する理由
リーダーは1人で決めよ、メンバーは支えよ

2019年度新入社員、「定時に帰りたい」が4割で過去最高を更新
一方、「成長のためにたくさん働きたい」も1割超

Webデザイナーが旅と仕事を両立させる方法【扇田美紀・前田塁対談】

新卒一括採用の見直しだけでは年功序列の日本型雇用が変わらない理由

世界では「絶滅危惧種」、日本のサラリーマンの特殊性とは

どこに寄り道してるの?30、40代ビジネスマンの半数以上が「フラリーマン」化

今週のイチオシ記事

『転職の思考法』著者が教える、絶対に入ってはいけない“死んだ会社”の見極め方

今週は副業に関する記事が多く見受けられましたが、今週のイチオシはこちらの記事になります。こちらの記事では今の「就活」は「就社」になっていると指摘しています。

たしかに会社名で選ぶのは非常に危険。私自身、今の会社は「なんとなく面白そうだから」という理由と「業界内ではある程度知れてるから」という理由で就職を決めました。(もちろん面接の時はある程度理由付けをしましたが…)

まさにこの記事でいうところの「就社」で会社を決めた結果、仕事に対して多くの不満が募るようになってしまいました。おそらく想像していた仕事とのギャップが大きかったからだと思います。

まぁ、就職する前にその会社の内情や仕事内容などを全て把握することは難しいですが、就職や転職において一番大事なのは自分が何をしたいか。この会社に入りたい!ではなく、何をしたいからこの会社に入りたい!という気持ちが大事なんでしょうね。