水彩画風の画像が作れる無料のPhotoshopアクション「Watercolor Photoshop Action」

水彩絵の具で描かれたような画像を作成できる、無料のPhotoshopアクション「Watercolor Photoshop Action」を紹介します。

完成作品

無料とは思えないクオリティの高さ…!
※画像の中心にある線はPCではクリックしながら、スマートフォンではタッチしながら左右に動かすと、Before/Afterの画像を見ることができます

手順

アクションは2種類!
STEP.1
サイトから無料のPhotoshopアクションをダウンロード
STEP.2
画像にアクションを適用させて完成
ダウンロード後、お好きな画像にアクションを適用させます。今回は私のパーカーの中から顔を出している愛犬の写真にアクションを適用させていきます。

▲カンガルー化した愛犬の写真を使用

アクションを適用させると、まず「明るさ・暗さのバランス(Light/DarkBalance)」と「滑らかさ(Smoothness)」を調整する画面が出てきます。これは「フィルター>フィルターギャラリー」の中にある「スタンプ」にあたる部分です。

ここで表示されている黒みの部分は色濃く塗りつぶされます

▲「明るさ・暗さのバランス(Light/DarkBalance)」と「滑らかさ(Smoothness)」

そして、次に「ディテール(Detail)」と「暗さ(Darkness)」を調整する画面が出てきます。これは「フィルター>フィルターギャラリー」の中にある「コピー」にあたる部分になります。

ここで表示されている黒みの部分は線として細かく表現されます

▲「ディテール(Detail)」と「暗さ(Darkness)」を調整

調整後、OKを押すとアクションが適用され、水彩画風の画像が完成。このアクションは2種類搭載されており、1つ目は赤みがある水彩画、2つ目は青みがある水彩画に仕上がります

▲アクションその1

▲アクションその2

2つ目の青みがあるアクションの方が元の色を活かしつつ、水彩画風の画像に変換されている感じがしますね。

まとめ

日本語対応の無料アクションが欲しい…
色が濃い写真にアクションを適用させると仕上がりが濃いめになってしまうので、実際に使用する際は色味が少ない写真を使った方が綺麗に仕上がると思います

▲色が濃い写真に適用させると…

▲濃いめに適用される

アクションは非常に便利ですが、海外製のものはやはり日本語のPhotoshopには対応していないため、毎回英語版で起動するのが面倒くさいですね…。

※英語版で起動する方法は「Locales>ja_JP>Support Files」の中にある「tw10428_Photoshop_ja_JP.dat」の名前に1文字加えてPhotoshopを起動すれば英語版に変わる。戻す時は追加した1文字を消して起動。

また、英単語が分からない時があるので、そこも非常に厄介…。日本語Photoshopに完全対応した、無料で使えるPhotoshopアクションを量産してくれる職人が出てくることを祈るばかりです。