【Photoshop】一度使ったらクセになる!複雑な画像の切り抜きができる「選択とマスク」の使い方

今回挑戦するのは、細かい部分を綺麗に切り抜いたり、選択できたりする機能「選択とマスク」。

完成作品

綺麗に切り抜けてる…
※画像の中心にある線はPCではクリックしながら、スマートフォンではタッチしながら左右に動かすと、Before/Afterの画像を見ることができます

手順

たった2STEP!
STEP.1
切り抜く部分を選択
まずは画像を開き、メニューから「選択範囲>選択とマスク」を選びます。すると、「選択とマスク」専用の画面が出てきます。

▲画像を開き、「選択範囲>選択とマスク」を選ぶと…

▲「選択とマスク」の専用画面が表示される

ここから切り抜きたい部分を選択していきます。左上の「クイック選択ツール」を使い、切り抜きたい部分のみを選択していきます。ここはアバウトでもSTEP2で修正するので問題なしです。

▲アバウトに選択していく

STEP.2
選択部分をより細く調整
あっという間に最後のSTEP。STEP1でアバウトに選択した部分を「境界線調整ブラシツール」で細かく調整していきます。これを使うことにより、髪の毛など細かい部分を選択することができます。これこそが「選択とマスク」の真骨頂ですね。

▲尻尾の細かい部分を「境界線調整ブラシツール」で選択していくと…

▲毛の質感を残したまま選択できる

細かい部分まで選択することができたら、右下にある「出力先」から「レイヤーマスク」を選び、OKを押すと、切り抜かれた状態で元の画面に戻ります。

▲「出力先」から「レイヤーマスク」を選択し、OKを押す

+α
切り抜き精度を高める
「境界線調整ブラシツール」を使用すれば細かい部分まで選択はできますが、よ〜く見てみると選択できてない部分が出てくる場合があります。

▲よく見るとゴミが…

しかし、背景をべた塗りにすることで「選択とマスク」の結果を調整することができます。「レイヤー>新規塗りつぶしレイヤー>べた塗り」を選択すると、べた塗りの背景を設定することができるのでゴミを見つけやすくなります。

▲「レイヤー>新規塗りつぶしレイヤー>べた塗り」を選択すると…

▲ゴミがっ…見えるぞっ!

そして、べた塗り背景でゴミを見つけた後は「消しゴムツール」などで消すことにより、綺麗な仕上がりになります。

▲「消しゴムツール」でゴミを除去

まとめ

ふわふわ&もこもこに!
今回のチュートリアルをまとめると、こんな感じでしょうか。
①「選択範囲>選択とマスク」で切り抜く部分を選択
②「境界線調整ブラシツール」で細かい部分を調整
+α 切り抜き精度を高めるために背景を「べた塗り」に設定
細かい部分の切り抜きはこれで問題なさそうですね。ちなみにAdobe公式サイトの「まとめ」の部分にこんな文言がありました。

“ふわふわ/もこもこ”の切り抜きに「選択とマスク」が最適

ふわふわ…もこもこ…。まさにウチの愛犬のためにあるような機能…。ノンデザイナーでも使いこなせそうです。